かつては事業性資金の融資を受けるのが銀行、日常の生活資金を借り入れるのが消費者金融という分類が可能でした。
銀行から融資を受けるには、きちんとした事業計画や返済計画を用意し、厳しい審査に通らなければなりませんでした。
一方、サラ金と呼ばれる街の業者は、簡単に利用できる代わりに金利が高く、多重債務で生活を破綻させる事案が多発して、社会問題になったりしました。
現在では、このような区別が曖昧になっています。
銀行でもカードローンを提供して、消費者に直接お金を貸し出すのが当たり前になりました。
また民間の消費者金融業者が銀行に買収され、銀行の一部門として事業を展開しているケースもあります。
一般には銀行カードローンのほうが最大融資額が大きく、金利は低いと言われていますが、数百万円以上の借り入れをしない限り、それほど大きな違いはありません。
カードローンで数百万円の借り入れが認められるのは、よほどの高額所得者に限られます。
そういう人には銀行カードローンが有利ですが、普通の庶民にとっては、使いやすさはほとんど変わらないと言えます。
ただし民間の貸金業者には、総量規制の枠があります。
借入金の合計が年収の3分の1に達していると、新しくお金を借りることができなくなります。
銀行には総量規制が適用されないため、こんな場合でも建前としては融資を受けられます。
しかし審査に通らない可能性は高いので、安易に考えないほうが良いでしょう。
カードローン業者を選ぶ際にポイントとなるのが総量規制です。
総量規制は貸金業法で営業している消費者金融や信販会社を対象とした法律です。
上記のような貸金業者では借入残高の総額が年収の1/3を超えてしまう人には、新規の貸付を行うことはできません。
でも総量規制には対象外があり、それは銀行の行うカードローンになります。
銀行なら年収ゼロの専業主婦でも借入れ可能な場合があります。
専業主婦向け商品は限度額が小さいので大きな金額は借りられませんが、銀行ということで金利も低めなので安心です。
配偶者の同意書や所得証明書などの書類も不要で申し込み審査が受けられます。