消費者金融でキャッシングするときの申込方法はいくつか種類がありますが、大手の金融機関ならほとんどが人に会わないでキャッシングができるようになっています。
にとっては誰にも会わないで手続きをするほうが心理的に楽ですし、金融会社にとっても人件費の削減につながるからです。
人件費が少なくなれば低い金利でサービスを提供することができます。
もっとも簡単に申し込みができる方法はインターネットでの申込です。
必要事項をフォームに入れて送信するだけで完了します。
急ぎの場合はそのまま銀行振り込みをしてもらえます。
カードについてはあとから自動契約機を使えば手に入れることができます。
自動契約機を利用する場合も簡単にできます。
身分証明書と、必要に応じて収入証明を持って機械の指示に従って入力していくだけです。
もし内容を間違えても、紙なら訂正印が必要ですが、自動契約機なら必要ありません。
カードを紛失した時の再発行ですら、人に会わずにできます。
ただし、紛失の際は気づいた時点で電話連絡するのは必須です。
注意しなければいけないのは、自動契約機インターネットでの申し込みも在籍確認などの審査は普通に行われるということです。
自動契約機にはカメラが付いていて申込者の様子が見られるようになっています。
勤めている会社への在籍確認も当然のことながらあります。
また、入り口は入りやすいのですが、借り入れた額に利息を付けて返済することは簡単ではありません。
利息が払えなければ、督促は対面になることもあります。
もちろん、取り立ては貸金業法に基づいて行われるので昔みたいなひどい取り立てはありませんが、返済ができなくなれば金融会社の人と相談しながらの返済になります。
カードローンの申込み方法は電話や郵送または窓口など色々ありますが、現在はインターネット申込みが主流になりつつあります。
金融機関のHP上に用意された専用の申込画面から簡単に手続きができます。
審査から契約まで一連の流れをネット上で済ませられるので、大変スピーディに借り入れできるのがネット申込のメリットです。
契約完了後は口座振込みでお金を受け取ることも可能です。大手の銀行や消費者金融では最短でその日のうちに借入可能な場合もあります。
即日融資のサービスを利用する際には所定の時間までに申込を済ませる必要があるので、金利や限度額と合わせて事前によく確認をしておきましょう。