消費者金融のカードローンなどを複数利用している場合には注意点があります。
消費者金融のカードローンなどの借入に対しては貸金業法の総量規制が適用されますので、年収の3分の1の金額までしかお金を借りることが出来ません。
この3分の1の金額と言うのは、一つの貸金業者からではなく全ての貸金業者からの合計額となりますので、複数の借入を利用している場合は超えてしまわないように注意が必要となります。
消費者金融ではカードローンの新規申込の際に利用限度額が50万円を超えた場合もしくは他社の借入も含めて100万円を超えた場合、申込時に年収証明が出来る書類が必要となります。
年収証明出来る書類には源泉徴収票や確定申告書、課税証明書などが必要となります。
複数の借入を行っている場合は、借り換えを行って複数の借入を一本化することを検討する必要もあります。
複数の借入を一本化することによって、債務を管理しやすくなりますし、返済処理の手間も軽減出来ます。
またこれまで契約していた借入に適用されていた金利よりも低い金利で借り換えを行えば利息負担を抑えられるメリットもあります。
ただし複数の借入を一本化するには、現在の借入残高の合計額を別途融資してもらわなければいけません。
既に複数の借入を行っている多重債務状態ですので、審査は一般にカードローンを申し込む際よりも厳しい傾向があります。
しかしローンの一本化については、消費者金融で融資を受ける場合でも総量規制の対象とはなりません。
現在すでに複数のキャッシングを抱えている人がカードローンの申し込みをする場合、多少注意が必要になります。
消費者金融で借入する場合は総量規制の対象となるため、総額が年収の1/3を超えるような借入はできません。
審査の段階で金融機関が信用情報の記録を照会する際に現在借り入れしている金額が明らかになるので、そこで引っかかってしまうと新たな借り入れは難しくなります。
もし複数の会社からお金を借りているなら、銀行のおまとめローンの申し込みを検討してみるのも一つの方法です。
借金を一本化することで限度額が増え、金利が下がる可能性があります。
場合によっては返済にかかる利息を大幅に軽減することができます。