消費者金融といえば、アコム、プロミス、アイフルなどの大手をイメージする人が多いと思います。
この記事では、それらの大手の特徴やメリット、注意点などを解説したいと思います。
貸金業者で借入をするにあたって知っておくべき知識として、総量規制というものがあります。
総量規制とは、年収の3分の1を超える融資を受けられないという制限のことです。
貸金業法で定められた規制であるため、銀行のように、貸金業法の影響を受けない金融機関では、関係がありません。
銀行では銀行法が適用されます。
そのため、銀行カードローンをいくら借入していても、総量規制の「年収の3分の1」には影響しません。
ただし、クレジットカードのキャッシング枠は総量規制に影響するので、利用していないクレジットカードをたくさん持っている人は、 消費者金融でお金が借りられなくなったり、借入できる限度額が下がったりするので、解約しておいたほうが審査で有利になります。
この規制の影響で、無収入の専業主婦は貸金業者では融資が受けられなくなりました。
ただし、一部の中小消費者金融では、夫の同意書と収入証明書を提出すれば、例外的に専業主婦でも融資が受けられる場合があります。
アコム、プロミス、アイフルなどの大手の最大の特徴は、スピード審査にあります。
スピード審査の理由は、審査の大部分をコンピュータが行い、人間が審査する部分は最終チェックなどの重要な部分だけにしてあるところにあるようです。
また、無人契約機が全国各所に設置してあるのも大手消費者金融のメリットであるといえます。
この無人契約機があるために、通常なら郵送で2、3日かかるところを、無人契約機まで取りにいくことでその場でカードを発行してもらえます。
土日祝日や夜間でもすぐにカードが手に入り、ATMで貸付を受けることができるので、このサービスを利用する人は多いです。
消費者金融の一番のメリットはスピーディな審査と利用者目線のサービスではないでしょうか。
ネットや自動契約機を使った申し込みなら最短で即日融資も可能、という迅速対応が人気の秘密です。
また借りる人の立場に立って、無利息期間やWEB完結、返済日のお知らせサービスなどを提供する会社も多く見られます。
それから消費者金融の特徴として忘れてはならないのが総量規制です。
年収の1/3以上の借入総額は不可とする規制により、収入のない人の借入は事実上不可能です。
無職の専業主婦などの場合は、総量規制対象外の銀行カードローンの検討をおすすめします。
ちなみに消費者金融の中にも銀行系とノンバンク系といった種類に分かれます。