キャッシングには無利息サービスが付帯されたものがあります。
30日間の無利息サービスは古くからあり、消費者金融の集客方法として行われていました。
決算期が近づくとキャンペーンとして展開する業者もありますが、年間を通して実施している業者もあります。
このサービスを利用すれば、指定期間内は元金だけの返済でいいのです。
期間は30日間に設定されたものが多いですが、最近はそれ以外の期間を設定する業者も増えてきています。
お金を借りるときに必ず発生するのが手数料なのです。
この手数料が利息であり、少なければ少ないほどいいです。
融資を受けて30日以内に返済をする方にとっては非常に役立つローンと言えます。
30日以上借りる場合については、所定の利率が設定されます。
上限金利の適用となることが多いので、4.5%~18.0ならば18.0%が設定されるのが普通です。
下限金利については、融資額が大きく、さらに信用性が高い方でなければ適用されません。
一般的に数百万円の借り入れをしなければ、一桁の金利設定とはならないのです。
キャッシングを利用する消費者の方は、申込する前に無利息と低金利を天秤にかけて考える必要があります。
30日以内に返済し、その後はローンを使わないのであれば前者が適していますが、数ヶ月~数年と使用するのであれば後者のほうが好条件となります。
いずれにしても、総支払額が一番少なくなることを意識してキャッシングを選んでいく必要があります。
大手消費者金融業者や銀行などが提供している無利息サービスが人気を集めています。
これは借入れ期間のうち一定日数に対して利息がかからないというサービスです。
その中でも一定の借入額までなら何度でも利用できるタイプや、初回の借り入れのみ無利息が適用となるタイプなど色々な方法があります。
カードローンの返済で頭を悩ませるのが利息ですから、一定期間無利息でお金を借りられるのはとてもお得です。
いずれの場合も無利息期間が終了した日から通常金利が適用となるので注意が必要です。
高額の借入や返済が長引きそうな人は、はじめから低金利のカードローンを検討するのもよいでしょう。
無利息サービスの利用には特別な条件はなく、一般的なカードローン審査と同様の審査を受けて契約をする必要があります。